ゲイ風俗のH事情1巻のネタバレと感想【異性を対象とする風俗店より大変?偏見による差別も!?】


    ゲイ風俗のH事情
    ~ゲイビにウリ専、ぜんぶヤりました★
    作者:かずあき

     

    こんにちは!
    『ゲイ風俗のH事情~ゲイビにウリ専、ぜんぶヤりました★』1巻
    を読みました。

     

    この話面白いです。

     

    ゲイバーとかに行ってみたいと思っていたので、
    興味があって読んでみました。

     

    そのゲイの風俗事情を知ってビックリ。

     

    異性を相手にする風俗店(ホストクラブなど)と違って
    値段が安い!

    そして、働いている人は、
    だからこそ売り上げをあげるのに大変なんだぁ~。

    と感じます。

     

    こういった世界もあるのだと思うとビックリ。

     

    結構卑猥な下ネタもサラッと読めて、
    面白おかしくしています。

     

    性を使った遊びがスゴイかった…。

     

    ゲイならではの偏見なども見られり、
    むしろ…見た目から差別なんじゃないの?

     

    と思える事象も描かれていました。

     

    『ゲイ風俗のH事情』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『ゲイ風俗のH事情』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    ゲイ風俗のH事情1巻のネタバレ

     

    20代の時に風俗店、AVを経てゲイバーのママを
    していたかずあき。

     

    ゲイバーが集まる新宿2丁目。

     

    観光バーとも呼ばれる所も多く、
    女性も入ることができます。

     

    そこで色んなお客さん遭遇するのでした。

     

    異性を対象とする風俗店より大変?偏見による差別も!?

     

    「別にゲイに
    もまれてったどーってことないわよ」

     

    ゲイと思っておっぱいを揉ませる女の子。

     

    しかし、
    そこにいるのはゲイだけじゃありません。

     

    普通の男性客もいて、
    その人が女の子のおっぱいを触っていたのです。

     

    ゲイバーだからと安心はできない…。

     

    他には、

    女の子が全裸で酔いつぶれたり…。

     

     

    中には、
    ゲイの手を引っ張って無理やり
    アソコを触らせる女の子まで…。
    (もちろん、やらされたゲイは嫌がっています。)

     

     

    しかし、一番の悩みは、酒に酔うことでした。

     

     

    ゲイバーはホストクラブとかと違って、
    金額が安い。

     

     

    なので、
    売り上げを上げるためには、
    本数を売らなければいけません。

     

     

    本数を売るということは、
    自分自身もお客と一緒に飲まないといけない…。

     

     

    「シャンパン100本は普通に空いて…」

     

     

    酔わずにはいられない状況です。

     

    酔い過ぎて自宅へ帰る時に、
    倒れる時も…。

     

     

    お酒の匂いが強すぎて、
    タクシーの運転手から拒否されることも…。

     

    とにかく、
    客相手に自分が酔うのが一番の悩みなのでした。

     

     

    誕生日パーティーで女装したゲイバーの店員。

     

    酔いつぶれる寸前で、
    化粧も衣装もそのままで
    帰ろうとして道端で寝てしまいます。

     

     

    しかも、倒れていても誰も
    声をかけてくれないという…。

     

    そして、
    下ネタ事情も今まで聞いたことない、
    スゴイことをしていて驚きます。

     

    「こんなこと聞いたことない!」

     

    ということをしていました(汗)

     

    ゲイ風俗のH事情1巻の感想

     

    風俗、AVを経てゲイバーのママ。

     

    そんなかずあきの話です。

     

    観光バーとなった新宿2丁目のゲイバー。

     

    そこで、色んな女性が来店します。

     

    ゲイと思って、おっぱいを揉ませる女性。

     

    酔いつぶれて全裸で寝てしまう女性。

     

    ゲイにアソコを触らせる女性。

     

    とにかく、
    色んな人がいて楽しいのだけど、
    一番の悩みは自分が酔い潰れることでした。

     

    ホストクラブと違って、
    商品単価だ安い。

     

    つまり、本数を売らないといけません。

     

    その為に、お客と一緒に飲まなくてはならないのでした。

     

    他にも下ネタ系もスゴイことなのに、
    笑えてしまう…。

     

    知らない世界を教えてくれる漫画でした。

     

    「ゲイ風俗のH事情」は
    BookLive!で216円で読むことができます。

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。

     

    良かったら読んでください。

     

    BookLive!はコチラです。
    『ゲイ風俗のH事情』で検索してください。

      コメントを残す