きみは面倒な婚約者1巻のネタバレと感想【主人公は完全なる邪魔者?本当のヒロインは?】

    2017y12m13d_134634631

    きみは面倒な婚約者
    作者名 :椎野翠 兎山もなか

     
    こんにちは!漫画花子です。
    「きみは面倒な婚約者1巻です。

     

     

    『主人公が完全なる邪魔者ってあるのかな?』

     

     

    この話は、主人公なんだけど、主人公じゃない?

     

     

    その理由は、これからの話を読んでみてください…。

     

     

    主人公の柴乃は、
    お菓子製造メーカーの社長令嬢。

     

     

    社長令嬢なんだけど、
    父親の会社の広報部に勤めています。

     

     

    父親の会社で知り合った
    橘という仕事ができる営業部の若手社員。

     

     

    その橘と父親が柴乃と婚約させたのでした。

     

     

    柴乃は橘が好きだけど、橘はよくわからない…。

     

     

    婚約は受け入れたものの、その真相は表に出しません。

     

     

    そんな時に、
    営業部に新しく入ってきた
    花澤優衣という可愛い女子社員。

     

     

    この花澤優衣は素直で真っすぐで
    心優しいヒロイン役にぴったりの子。

     

    それに比べて
    柴乃は花澤に嫉妬して婚約者アピールをする
    邪魔者タイプ。

     

     

    まさにそれが現実化しようとしていました。

     

     

    本当に橘が選ぶのは、わからないのに、
    柴乃の読んでいる恋愛電子コミックと重ねあさせて、
    自分の恋愛を見ていました。

     

     

    そして…。

     

     

    「きみは面倒な婚約者」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「きみは面倒な婚約者」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    きみは面倒な婚約者1巻のネタバレ

     

    「この主人公は私ではありません」

     

    恋愛電子コミックを読んでそう思っている柴乃。

     

    その舞台は、加治屋フーズという父親が経営する
    お菓子の原料を製造販売する会社です。

     

    つまり、柴乃は社長令嬢。

     

    『今日もパーフェクトです橘さんっ!!』

     

    同じ会社の営業部の若手社員橘。

     

     

    彼は入社6年目にして大口顧客をいくつももつ
    仕事が出来る人。

     

     

    そして、柴乃の婚約者です。
    (父親が決めた…)

     

     

    「今日一緒に会社でましょうか」

     

     

    そんな約束をして2人は別れます。

     

     

    仕事が終わった後、
    お洒落なレストランで食事をする2人。

     

     

    営業部によく、柴乃行くから、
    他の社員はどー思っているか聞いてみると、

     

     

    「お前に会いに来てんじゃないのか?」

     

     

    って冷やかされるくらい。

     

     

    と話します。

     

     

    「内心では結構浮かれてたりするんですよ。」

     

     

    無邪気な笑顔を見せる橘を見て、
    柴乃はズルイと感じます。

     

     

    家まで送ってもらう帰り道

     

     

    「社長にはどうか秘密で」

     

     

    不意打ちにキスをしてくる橘。

     

     

    その姿は素敵すぎる…。

     

     

    婚約してから3年。

     

     

    軽いキスはあっても進展がない2人。

     

    柴乃はモヤモヤしていたのでした。

     

    主人公は完全なる邪魔者?本当のヒロインは?

     

     

    「おや…?」

     

     

    会社の営業部に柴乃が行くと、
    隣の席の女の子と楽しそうに話をしている橘。

     

     

    その姿を遠くから柴乃は見ていました。

     

     

    「営業部に配属になった花澤優衣さん」

     

     

    橘の所に花澤という新入社員が入ったのでした。

     

     

    その子どこかで見たことがある…

     

     

    そんな風に感じていた柴乃なのでした。

     

     

    「婚約しているんだ」

     

     

    花澤の前で柴乃と婚約していることを話す橘。

     

     

    悲しそうな表情をみせる
    花澤を見て柴乃は思い出します。

     

     

    それは恋愛電子コミックの
    ヒロインと似ているということを…。

     

     

    そして、
    そのまま柴乃が花澤を
    社内を案内することになります。

     

     

    そこで、婚約者アピールをしてしまうのですが…。

     

     

    花澤は…。

     

    きみは面倒な婚約者1巻の感想

     

     

    恋愛電子コミックが好きな柴乃は、
    社長令嬢。

     

     

    父親の会社の広報部にいました。

     

     

    そんな父の会社で知り合った、
    営業部のホープ橘。

     

     

    橘と柴乃は父親が決めた婚約者だったのです。

     

     

    そこへ新しく営業部に入ってきた花澤優衣。

     

     

    その子のトレーナーを任された橘。

     

     

    仕事上の付き合いとはいえ、
    嫉妬する柴乃は、花澤に婚約者アピールをします。

     

     

    そんな柴乃を見た花澤は…。

     

     

    「きみは面倒な婚約者」は
    BookLive!で108円で読むことができます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『きみは面倒な婚約者』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す