きみは面倒な婚約者2巻のネタバレと感想【橘が本当に好きなのは花澤さん!?】

    2017y12m13d_143046949

    きみは面倒な婚約者
    作者名 :椎野翠  兎山もなか

     
    こんにちは!漫画花子です。
    「きみは面倒な婚約者」2巻を読みました!

     

    1巻を読んでいる人なら、きっと気になるのが、
    橘と営業部に新しく入った花澤さんとの関係。

     

    この2人、見ているからに仲がよさそう…。

     

    営業部の机は隣だし、
    椅子に座りながらラフな感じで話している所とか…。

     

    柴乃にとってそんな2人の姿に嫉妬しないわけがない。

     

    柴乃には営業スマイルのように見せるその笑顔。

     

    しかし、
    花澤さんにはラフでいろんな表情をみせていました。

     

     

    その態度は、柴乃を嫉妬でグチャグチャに…。

     

     

    それに気が付いた橘はズルイ?と感じるのは私だけ?

     
    「君は面倒な婚約者ネタバレ」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「君は面倒な婚約者」と検索してください。

    ※登録無料・継続課金なし

     

    君は面倒な婚約者2巻のネタバレ

     

    「僕がうろうろ悩んでいたら
    花澤が選んでくれた」

     

    橘と柴乃が一緒に食事をしていると、
    花澤の話になります。

     

     

    入社2週間で橘と親しくなり、
    出張先で柴乃のお土産まで選んでくれる。

     

     

    それは、柴乃としては、面白くないし、
    聞きたくない話でした。

     

     

    『初めての大人のキス』

     

     

    食事の帰りにキスをする2人。

     

     

    付き合って3年。

     

     

    大きな進展のはずなのに、
    柴乃の不安は大きくなるばかりでした。

     

     

    橘が本当に好きなのは花澤さん!?

     

    「お前なあ…」

     

     

    営業部で仲良く花澤さんと話す橘。

     

     

    その姿はとてもラフな感じでした。

     

     

    柴乃が近づいて後ろを振り返る橘。

     

     

    「柴乃さんお疲れ様です」

     

     

    柴乃に対しては作られたような笑顔で
    対応する橘。

     

     

    その姿がショックでたまりませんでした。

     

     

    「…ごめんなさいちょっと、
    出直してきます」

     

     

    用があって橘の所にきたのに、
    2人の姿をみたら耐えられなくなった柴乃は
    その場を去ります。

     

     

    誰もいない大会議室で涙を流す柴乃。

     

     

    その心は嫉妬でぐちゃぐちゃだったのです。

     

     

    「相変わらずここが逃げ場なんですね」

     

     

    1人で泣いていると、
    橘がそこにいました。

     

     

    そして、

     

     

    「今 泣いている理由は?」

     

     

    そう聞く橘に柴乃は自分の気持ちを話し出す。

     

    そしてその夜2人は結ばれるのです。

     

     

    しかし、
    その後驚くべき事実を柴乃は目の当たりにする…。

     

     

    それは…。

     

    きみは面倒な婚約者2巻の感想

     

     

    新しく営業部に入った花澤さんと橘は親しい関係に。

     

     

    そのことに、柴乃は仕事上の関係とはいえ、
    嫉妬をします。

     

     

    営業部の机に並んで座る2人。

     

     

    そして、
    ラフな感じで色んな表情を見せる橘を見て、
    ショックを受けます。

     

     

    橘が柴乃に気が付いて見せる顔は、
    いつもの作られたような笑顔。

     

     

    今にも泣きそうになる柴乃はその場を去り、
    大会議室で一人でなきます。

     

     

    そこに、橘も追いかけてきて、

     

     

    「泣いている理由は?」

     

     

    そんな質問から自分の気持ちを伝える柴乃。

     

     

    その夜2人は結ばれるけど、
    橘の部屋にきて柴乃はあることに気が付くのでした。

     

     

    それは…。

     

     

    「きみは面倒な婚約者」は
    BookLive!で108円で読むことができます。

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『きみは面倒な婚約者』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す